苦しみを引き受けることの難しさ

ふと最近思ったことだが。

 

人というのは、案外自分の利益を捨てて正しいことをすることができるものだが。

自分が「苦しむ」ことを引き受けて正しいことをするとなると、中々難しさを感じるのじゃないか。

 

言い換えると、正しいことをするためにプラスを受け取らないことと、正しいことをするためにマイナスを受け入れるのとでは、後者の方が遥かに難しい場合が多いんじゃないかということ。

 

例えば、人をコントロールしたいと思ったら、利益で釣るより、不安にさせたほうがいい。

 

まあ何の話か自分でもよくわからないけれど、ふとそんなことを思った。